加治川ダムの手前、東赤谷からすぐの俎倉山登山口に車を駐め、戻る方向に林道を西に、じきに釜ヶ沢の右岸沿いの道を進む。沢と離れる240m付近から下降して入渓。前日と夜にここは少し雨が降ったようでやや水が多いか。やや荒れ気味ながら時折ナメのきれいな沢。すぐ二つの堰堤。最初は右岸を、次は左岸側から。二つ目はちょっと苦労する。なかなか深く最後は腰ぐらいのところに着水。すぐにくる雪渓を二つ恐る恐るくぐる。幅広の3mの美滝を左から越える。また雪渓。この後三段の2・4・3mの三段。一つ目はボルダリング的に登る。やや深めの釜を持つ次の4mは長島リーダーが左からへつり登り、井谷さんは右のドロ混じりの草付き岩を登る。迷った末にザイルをもらって右から登る。4m、ナメの3段10mを越えて次に6m、二俣を左に進む。ここは結果的に右であったようだ。斜面が急になる所で右に目指すコルが見える。右にヤブをこぎコルにでる。

ここからヤブの中を下降。水流が出てたんたんと下降していく。右岸に人の姿が見える。右岸に登山道があるようだ。もう少し下降すると登山道が交わる所で遡行を終了する。そこからはゴルジュ帯のなかなか厳しそうな所を下に見ながら登山道を車まですぐだ。今回は飯豊といいながらも初級の沢であった。きれいに周回して元に戻れるルート。


山行最終日:2014年6月15日
メンバー:長島(L) 井谷 渡部
山域: 同行者の記録
山行形態: 沢登り
コースタイム:
地形図:東赤谷
報告者:渡部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください