八ツ目沢

一泊二日で奥川と実川の支流を一周する計画を立てていたが、低気圧が発達して天気が悪くなることが見込まれたために中止した。代わりに天気の様子を窺いながら一日で遡行できる八ツ目沢を単独で訪れた。

関越道経由で途中二カ所で仮眠をとって津川に到着し、さらに走り慣れた道を実川まで走る。八ツ目沢に架かる橋を渡ってすぐのところが広くなっていて碑が立っているので、そこに車を停めた。

碑の脇から少し踏み入ったところから立木を支点にして懸垂下降で入渓する。沢の水は小雨で少し茶色く濁っているものの水量は少なく、至って穏やかに流れている。両壁はかなり切り立った泥壁だ。

懸垂下降で入渓
切れ込んだV字谷の底を穏やかに流れる

遡行開始後すぐに入渓時から見えていた小釜に浸かる。谷が左に曲がるとやや開けて河原が点在するが両岸は依然立っている。まもなく右岸に上方30Mくらいから水を滑り落とす水路を通り過ぎる。その後まもなく入渓して最初の滝4Mが懸る。左壁に細い倒木2本が立て架かっており、倒木を使って茶色くて滑る左壁を登る。すぐに右に茶色く濡れたスラブ壁が見え、釜の脇に続いて幅2Mの右に傾いた小ゴルジュを抜けると、右壁下部がハングした先に4M滝が懸る。斜瀑だが手がかりがなさそうなので、滝から8Mくらい離れた右岸を斜上するバンドから巻く。2M、1.5Mの小滝を過ぎると左岸に植林帯が見えてきて開けてくる。植林帯にバンドがあることが見て取れるが、間もなく取水堰が現れて植林帯のバンドは管理道であることが分かった。取水堰を左岸から巻いたがやや悪く、素直に管理道に上って右岸を巻いた方がよかった。

4M滝 倒木を利用して左壁を登るが非常に滑っていた
右岸に植林が見えて開けてくる

取水堰から二俣まで滝はなく、代わりに支流が滝を懸けて流れ込んでいる。途中ボサが煩い所が2~3カ所ある。

(1:2)の二俣

二俣は(1:2)で、左俣に入ると水量はぐっと少なくなる。すぐにCSとCW(chock wood)の3M滝が懸るが、手ごろなホールドが見つからず右岸を巻いて3M滝に続く2Mくらいの滝の上に降りた。小滝を過ぎるとドラム缶が埋まっている。しばらく遡行を続けると右岸からナメ滝を懸けて水量の多い枝沢が流れ込む。出合はやや広くなっていてあたかも奥の二俣のようにも見える。本流には小滝が懸り、小滝を越えたところからしばらく古いワイヤーが埋まっている。さらに1Mナメ滝と4M直瀑からなる5M滝を左に立て架かった太い倒木を利用して登ると、落口付近にはいくつかのコンクリート管が点在している。

左俣最初の滝 CSとCWが複合した構成で落差は3M
水量の多い枝沢を(1:1)で分けた後の小滝

流れが(1:2)、(1:1)と枝分かれしていく中を右へと進むと、傾斜が増してきて、小滝が断続するようになる。小難しい滝もあって、直登したり小さく巻いたりして登っていくと、最後は落葉に埋もれた窪となって二本に分かれる。右へ進路を取り最後は左岸の尾根に上がった。

落葉に埋もれた窪の源頭部

尾根からさらに登ると踏跡に出るが、方角を確認すると724M地点から西へ伸びる枝尾根であることが分かり、左へ進むと間もなく724M小ピークに出た。

ピークはやや開けており、南北に延びる尾根にも踏跡が続いている。踏跡を多南へ辿って右俣下降点を目指す。藪が濃い所や木立が揃って西に傾いている所は、東側の開けたブナ林から巻いて尾根に戻ると楽に進める。西から低気圧が発達しながら近づいているとあって東風が強いので、右俣へ向かって少し下降したところで早めの昼食を摂った。

尾根には踏跡が続いている

尾根から50Mくらい下降したところで、窪の末端が広くなったところがあり斜面から水が滲み出して源頭をなしている。ここをしばらく下降すると(1:5)で右岸からのはっきりした流れに合流する。その後左右から支流を併せるたびに水量が増していく。上流部には二カ所に2M前後の滝が懸るがブッシュを掴んで難なく下降し、中流部の小ゴルジュの滝は右岸から枝沢に降りて巻いた。それ以外滝らしい滝はなく、渓相は取水堰から二俣までの流れがそのまま続いていると言った感じだった。

右俣源頭部付近
取水堰から二俣までを延長したような渓相

二俣からさらに取水堰まで下降して、右岸の管理道を辿り、途中から藪と杉林を突っ切って林道に降りた。八ツ目沢の橋まではおよそ100Mのところだった。

取水堰から点検道を辿って林道に戻る

 

遡行図


山行最終日:2019年6月15日
メンバー:長島
山域:
山行形態:
コースタイム:
入渓点(7:05)-取水堰(7:35)-二俣(8:25)-450M(9:30)-724ピーク(10:35)-645Mコル(11:05/11:20)-二俣(12:40)-取水堰(13:10)-入渓点(13:40)
地形図:日出谷
報告者:長島

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください